AWSのクラウドの信頼性

  • AWSのクラウドはIaaS

    • クラウドにはいくつかの種類があります。

      すべてのサービスを業者側が提供してくれるのがSaaS(SoftwareasaService)で、これはユーザが利用するソフトウェアまでサービスを提供してくれますから、ユーザは多少の設定をするくらいで、ソフトウェア開発までは必要ありません。



      その次がPaaS(PlatformasaService)で、これは開発する環境を提供してくれるサービスです。


      独自のアプリケーションソフトウェアを開発するためには、OSが必要ですし、その上にミドルウェアなども必要となります。



      この部分まで提供してくれるのがPaaSです。



      そして、サーバを借りるだけのサービスがIaaS(InfrastractureasaSerivice)です。IaaSのサービスを利用した場合、OSのインストールをすることが必要となりますし、その上に必要なソフトウェアをインストールしていかなければなりません。



      サーバ自体を自由に使えるというメリットはありますが、そこそこの知識がないと運営することはできません。

      AWSのクラウドは、この3つの内にIaaSです。



      ですから、AWSを利用すればOSを入れなければなりません。



      とは言っても、AWSのクラウドでは画面上で簡単にインストールできるサービスもありますから、実はそれほど難しいものではありません。



      汎用的な用途に用いるのなら、割と簡単に利用できるというメリットがあります。



  • 関連リンク

    • クラウドにはいくつかの種類があります。すべてのサービスを業者側が提供してくれるのがSaaS(SoftwareasaService)で、これはユーザが利用するソフトウェアまでサービスを提供してくれますから、ユーザは多少の設定をするくらいで、ソフトウェア開発までは必要ありません。...

    • AWSのクラウドを導入する企業は増えています。じっくりと検討をして導入した企業もありますし、必要に迫られて導入した企業もあります。...