AWSのクラウドの信頼性

  • AWSのクラウドはIaaS

    • クラウドにはいくつかの種類があります。



      すべてのサービスを業者側が提供してくれるのがSaaS(SoftwareasaService)で、これはユーザが利用するソフトウェアまでサービスを提供してくれますから、ユーザは多少の設定をするくらいで、ソフトウェア開発までは必要ありません。



      その次がPaaS(PlatformasaService)で、これは開発する環境を提供してくれるサービスです。
      独自のアプリケーションソフトウェアを開発するためには、OSが必要ですし、その上にミドルウェアなども必要となります。



      この部分まで提供してくれるのがPaaSです。



      そして、サーバを借りるだけのサービスがIaaS(InfrastractureasaSerivice)です。



      IaaSのサービスを利用した場合、OSのインストールをすることが必要となりますし、その上に必要なソフトウェアをインストールしていかなければなりません。


      サーバ自体を自由に使えるというメリットはありますが、そこそこの知識がないと運営することはできません。



      AWSのクラウドは、この3つの内にIaaSです。



      ですから、AWSを利用すればOSを入れなければなりません。とは言っても、AWSのクラウドでは画面上で簡単にインストールできるサービスもありますから、実はそれほど難しいものではありません。


      汎用的な用途に用いるのなら、割と簡単に利用できるというメリットがあります。



  • 関連リンク

    • AWSのクラウドを導入する企業は増えています。じっくりと検討をして導入した企業もありますし、必要に迫られて導入した企業もあります。...

    • AWSのクラウドを利用すれば、従量課金でコストが発生します。一時的なサービスを提供する場合や、一時的に何らかの処理を必要とする場合にはこのシステムは非常に便利です。...