AWSのクラウドの信頼性

  • AWSのクラウドを導入した企業の例

    • AWSのクラウドを導入する企業は増えています。


      じっくりと検討をして導入した企業もありますし、必要に迫られて導入した企業もあります。アプリ開発をしているある企業は、もともと自社サーバで運営を行っていました。



      5台のサーバでいろいろなサービスを提供していたのですが、SNSで利用できるアプリを提供したところ、それが大当たりしてアクセスが急増し、サーバがダウンするという地代に陥ったのです。
      このときにとるべき行動としては、かつてならサーバを増設することでしょう。



      しかし、スピードの速いインターネットの世界で、サーバの増設のために日数をとるわけにはいかず、最終的にAWSのクラウドを利用するに至りました。



      すぐにインスタンスを作成できることと、初期費用が必要ないと言うことから、AWSのクラウドが選ばれました。



      現在のところ100台以上のサーバをAWSで利用しています。
      利用者が急増したときには非常に便利なサービスだと言えるでしょう。



      多くの企業にとって利用しやすい環境が数分で構築できますから、物理サーバを増強して自社で運営をするよりも、はるかに短期間でサービスを拡大していくことができるというメリットがあります。



      逆に、利用者が減ったときにはサーバをすぐに減らすこともできるというメリットもありますから、ユーザの移り変わりの激しいインターネットビジネスに適しています。



      経営上の無駄を削減し、遊休資産を減らすことができるというメリットがあるのです。



  • 関連リンク

    • AWSのクラウドを利用すれば、従量課金でコストが発生します。一時的なサービスを提供する場合や、一時的に何らかの処理を必要とする場合にはこのシステムは非常に便利です。...

    • クラウドにはいくつかの種類があります。すべてのサービスを業者側が提供してくれるのがSaaS(SoftwareasaService)で、これはユーザが利用するソフトウェアまでサービスを提供してくれますから、ユーザは多少の設定をするくらいで、ソフトウェア開発までは必要ありません。...